講演会等

KFC総会案内

R4年度KFC総会の案内NEW
日時:令和4年7月6日(水)
開催方法:会場(〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2-1-1 朝日ビルB1階12号室)とweb(Teams)によるハイブリッド開催
■総会   14時20分~15時20分
■KFC第23回特別講演会 15時30分~16時30分
講演題目「不確実性が高まる未来におけるビジネスデザインとは」
(講師)
 杉本 将隆 氏
  株式会社 電通コンサルティング 専務執行役員 シニアパートナー
  九州大学 ロバート・ファン アントレプレナーシップ・センター 客員教授
(要旨)
 コロナ禍やウクライナ戦争によって私たちを取り巻く世界は激変している。時代の不確実性が一層高まりつつある今、私たちは時代を先読みし、変化に柔軟に適応しながら成長する能力(レジリエンス)が求められている。企業はこうした全人類的な変化をチャンスとして捉え、未来に向けてどのような成長戦略を描いていくべきか。
 本講前半では、アフターコロナ時代の生活者の価値観やライフスタイルの変化を軸として、PEST(政治:Politics+経済:Economy+社会:Society+技術:Technology)の各側面から未来を洞察し、グローバルビジネスへの影響を読み解いたうえで、企業が今後のビジネスをデザインするためのヒントを導出する。
 本講後半では、日本の伝統的な企業が新たなビジネスをデザインする際に、イノベーションを阻む「三つの壁(市場+組織+人心)」に着目した上で、生活者の変化やデジタル技術の進化を梃として、こうした壁を突破するための処方箋について解説する。

■申込方法:参加を希望される方は6月30日(木)までにgoogle formにてお申込みください(参加費無料)。

■問合先■
(一財)九州オープンイノベーションセンター内 KFC事務局
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東 2-13-24
TEL:092-411-7394 / FAX:092-472-6688
E-mail:sugimoto@koic.or.jp(@は半角に書き換えてください)

共催行事

2021年度日本セラミックス協会九州支部秋季研究発表会
 開催日:2021年11月13日(土)
 担当:宮崎大学工学部 松永直樹 准教授

KFC講演会

第12回セラミックス研究交流セミナーの案内 *終了しました
日時:令和3年11月29日(月)14:20~17:00
場所:九州大学筑紫地区中央分析センター302室とオンライン(Microsoft Teams)のハイブリッド開催
【講演1】14:20~15:00 (KFC奨励賞受賞講演)
「革新的全固体イオニクスデバイス創出に関する研究」
     九州大学大学院総合理工学研究院 准教授
                  渡邉 賢 氏
【講演2】15:10~16:00 (依頼講演)
「セラミックスの粉末成形・焼結等のコンピューター・シミュレーション」
     東北大学大学院環境科学研究科 名誉教授
     硬質材料人材育成プログラム  特任教授
                 松原 秀彰 氏
【講演3】16:10~17:00 (依頼講演)
「近くて遠い国のやきもの事情」
     韓国セラミック技術院 フェロー
                 勝木 宏昭 氏

講演要旨はここからダウンロードできます。

主催:九州ファインセラミックス・テクノフォーラム(KFC)
共催:(一財)九州オープイノベーションセンター
    有田ニューセラミックス研究会
後援:経済産業省 九州経済産業局(予定)
   国立研究開発法人 産業技術総合研究所 九州センター(予定)

その他

ニューセラミックス懇話会 創立50周年記念式典・基調講演 *終了しました 
日時:令和3年11月4日(木) 15:30~17:30
場所:オンライン(Microsoft Teams使用)
会費:無料
行事スケジュール:
(1) 記念式典(功労者表彰等) 15:30~16:15
(2) 記念講演会(第246回研究会) 16:30~17:30
東京工業大学 大学院総合理工学研究科 教授 菅野 了次 氏
<題目> 新物質を求めて ? 物質開拓と固体電池創成
(概要) 新物質の新たな物性は、いつの時代も破壊的な創造をもたらす。 新物質を探し出す研究の魅力に取り付かれ、新しい物質を追い求めてきた。 特に固体中をイオンが拡散する物質の探索で、液体並みの導電率を持つ物質を見出し、 電池に適用すると優れた出力特性が実証できた。現在、固体電池が今後の社会を支える 電池となり得るかを決める重要な技術開発時期にさしかかっている。新物質の魅力と、 固体電池への期待を述べたい。

過去の活動

過去のKFCセラミックス講演会・研究交流セミナー[ 2021.10.20更新 ]

↑ PAGE TOP